歯列矯正の費用と必要性

子供の頃からケアを

なんかおかしいと感じたら

子どもの時期の歯列矯正は、大人になってから行うよりは、比較的に安価でできる場合があります。
治療の種類によって費用も変わってきてしまいますが、幼少期に始めるのがベストです。
乳歯がある場合などは、顎の発育も考えその矯正も見越した治療になってきます。
近年のお子さんに多いのが、顎が小さいけれど、それに比べて歯が大きく小さな顎におさまらず歯並びが悪くなっている事です。
食べ物をよく噛んだりせずとも食べれるものが多いので、顎が見合った発育をしてないなどとも言われています。
時期として一般的なのは、6歳から始める場合が多いです。
治療の種類にもよりますが、段階をふんでいくので、できればその時期に合わせてしっかり行う事が重要になります。

歯列矯正の期間など

様々な治療法による歯列矯正がありますが、治療の時期には期間があります。
まず、6歳から小学校中学年までが一期治療となり、小学校高学年から中学生までを二期治療の期間と考えます。
一期治療では、主に顎の発育に伴う骨格の矯正、二期治療の期間は歯列矯正がメインとなるのが一般的です。
顎の治療には、マウスピースやプレートなどを使い、歯列矯正になると成人と同じくブラケット矯正がメインとなってきます。
その時期によって、治療費も異なるので、よく歯科医と相談し検討しましょう。
子供の頃の矯正は、さまざまなメリットがあります。
顎の成長を整えられるので上下バランスのいい顎になり顔の形も整います。
大人になってからは大変な歯列矯正も、幼少期ならスムーズにいく場合が多いです。